null

 

クリエイティブ・ディレクターのソフィ・ドゥラフォンテーヌが描いたロンシャン2021年秋冬コレクション「トレ パリ」は、メゾンのルーツであるパリとメゾンを象徴する存在でロゴにもあしらわれている競走馬“ロンシャン・ホース”、そしてその先見性で20世紀後半のパリのアパルトマンに大きな変化をもたらしたフランス人インテリアデザイナー、ピエール・ポーランの作品群に着想を得て、現代のパリジェンヌを描き出したコレクションです。なかでもトゥレンヌ・シュヴァレローがデザインした、駆け抜ける競走馬を描写したブランドロゴ“ロンシャン・ホース”は、メゾンの力強さと暮らしの美学を意味する“art de vivre(アール・ド・ヴィーヴル)”を長きにわたり表現してきました。メゾンの名がパリ随一の競馬場を思い起こさせるように、そのエスプリは本コレクションの舞台やコンセプトにも通じています。「トレ パリ」は、パリジェンヌがもつエフォートレスながらも自分らしさ溢れるスタイルとオーセンティシティ、時とともに歩む姿勢、そしてエナジーが相まって真のワードローブへと昇華されたコレクションです。

 

null
null
null
null
null
null
null
null