LE FOULONNÉ(ル フローネ)時代に左右されないタイムレスなスタイル

1978年に発表した「ル フローネ」は“ドラムの中で回転させた”という意味のフランス語が名前の由来となったバッグコレクションです。その名が示すとおり、なめし革を回転するドラムに入れて柔らかさと自然な風合いのグレイン(模様)を最大限に引き出す、レザーの仕上げ技法を謳っています。

アクティブなパリジェンヌをイメージしたマストバッグ

カーフ製のル フローネ

「ル フローネ」コレクションには、真の風格とエレガンスが宿った独特のグレイン(模様)をもつカウハイドレザーが用いられ、一目で「ル フローネ」と見分けることができます。メゾンの70年代を象徴するレザーがバッグのシンプルなデザインを際立たせる「ル フローネ」は、ロンシャンの伝統とサヴォアフェールを物語っています。

検索する